生活習慣病

セサミンと相性がいい栄養素って?

セサミンは様々な効能があり健康に寄与してくれる成分として有名となっています。
特にごまには多く含まれているので、日本人には昔から馴染みのある成分となっています。
このセサミンは単独で摂取するだけでも効果を十分に発揮するのですが、他の栄養素と組み合わせることによって、より大きな効果を得ることができるようになります。

それではセサミンと関係の深い栄養素をいくつか紹介しましょう。
まず一つ目はEPAです。
これは青魚に多く含まれていて、たとえばサンマやイワシ、サバなどに豊富に入っています。

この栄養素を摂取すると血液がサラサラになります。
コレステロールや血中脂肪の数値を下げることも可能です。
体内で作られる物質ではないので体外からきちんと摂取する必要があります。

セサミンにもEPAと似たような効果があるので、これらを一緒に摂取することによって、相乗効果を期待できるのです。
また、魚介類から摂取できる成分の一つにDHAがあります。
こちらはドコサヘキサエン酸としてよく名称が知られています。

EPAと同じような効果を発揮してくれて、動脈硬化にも効果があります。
また、ボケを防止するのに効果があったり、花粉症に効き目があります。
これらの効果はセサミンを一緒に摂取することでより高められます。

セサミンには抗酸化作用があり、老化を防ぐことができます。
したがって、これら2つの物質を一緒に摂ることで、常に若い体を維持することができるでしょう。

また、ビタミンEにも抗酸化作用があるのでセサミンと共に摂取したい物質です。
このように相性の良い栄養成分は豊富にあります。
その相性を考慮して、セサミンと一緒に様々な成分を配合したサプリメントが市販されているのでチェックしてみましょう。
普段の食事でもゴマと上記の成分が含まれる食材を組み合わせた料理を作ると良い効果が得られるようになります。
セサミンはとても重要な物質です。

↓おすすめのセサミンサプリメントはこちら
  

Copyright(C) 2013 ゴマに含まれる栄養素 All Rights Reserved.